ドラゴンボールGTとは

<ドラゴンボールGT>
1996年2月7日〜1997年11月19日まで、アニメ版ドラゴンボールZの続編としてフジテレビ系で放送された。全64話+番外編1話。

原作漫画およびドラゴンボールZ共通の最終話から5年後の世界が舞台のアニメオリジナル作品。タイトルにあるGTは「Great Touringの略」であり鳥山明本人が命名したもの。 初期ドラゴンボールのように、冒険主体のストーリー構成となっているが、迷走気味のストーリー展開や、既存のキャラクターの性格が勝手に変えられていたことなどから一部のファンからは多くの不満意見も聞かれる。だが、最終回は無印·Zを含めた名シーンを放送するなどクオリティが高く、否定派からも絶賛するものがいる。OPテーマの「DAN DAN 心魅かれてく」は歴代テーマソングの中でも人気が高い。




究極のドラゴンボール編 - 第1話〜第26話
願いを叶えてから一年以内に揃えないと使った星そのものが消滅するという究極のドラゴンボールを世界征服を企むピラフが使ってしまう。悟空は、パンとトランクスと共に、ドラゴンボールを集めるため宇宙へと旅立つ。
ベビー編 - 第27話〜第40話
地球に戻った悟空たちは、新たな脅威に遭遇する。ツフル人の生き残り、ベビーが地球に来襲し、サイヤ人復讐のために乗り出す。その戦いの中で悟空は超サイヤ人4へと変身する。ベビーを倒した悟空だが地球爆発は免れない。そこでピッコロは悟空を助け、地球と共に運命を共にする。
天下一武道会編 - 第41話
ピッコロのおかげで、地球は元に戻った。そこで久しぶりに天下一武道会が開催された。ミスターサタンの後継者を決めるために。GTの中でも平和な話。
番外編「悟空外伝!勇気の証しは四星球」
100年後の世界を描いた話。110歳のパン以外、仲間は誰も生きてはいない。パンは悟空の昆孫(孫の孫の孫)に当たる孫悟空Jr.と二人で暮らしていた。悟空Jr.は容姿が悟空そっくりだが、臆病な性格であり学校でいつもいじめられていた。そんな中、パンが病気で倒れる。悟空Jr.は、曾曾祖母のパンを助けるため、ドラゴンボールを探しに孫家が以前住んでいたパオズ山の家へ向かう。
超17号編 - 第42話〜第47話
地獄の底で、二人の男が手を握る。それは、地球一の科学者ドクターゲロ。そして、宇宙一の科学者ドクターミュー。二人が手を組み、人造人間17号を使い、悟空に復讐しようと企む。悟空は二人の17号が合体した超17号と対決する。
邪悪龍編 - 第48話〜第64話
なんとドラゴンボールには、願いをかなえるとマイナスのエネルギーが溜まるという性質がある。普通そのマイナスエネルギーを浄化するには約100年ほどかかるが、ここ50年の間にドラゴンボールを多用した悟空たち。ドラゴンボールの中から生まれた7匹の邪悪龍を倒さなければ、地球おろか銀河全体が破壊されてしまう。悟空は新たなる戦いへ挑む。
<主題歌>

オープニング「DAN DAN 心魅かれてく」(作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎、編曲:葉山たけし、歌:FIELD OF VIEW)
初代エンディング(1話〜26話)-「ひとりじゃない」(作詞:池森秀一、作曲:織田哲郎、編曲:古井弘人、歌:DEEN)
2代目エンディング(27話〜41話)-「Don't you see!」(作詞:坂井泉水、作曲:栗林誠一郎、編曲:葉山たけし、歌:ZARD)
3代目エンディング(42話〜50話)-「Blue Velvet」(作詞:愛絵理、作曲·編曲:はたけ、歌:工藤静香)
4代目エンディング(51話〜64話)-「錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こう」(作詞·作曲:小松未歩、編曲:池田大介、歌:WANDS)
<視聴率>

平均視聴率:14.6%、最高視聴率:19.7%。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。